FX取引の重要ポイント:「精神状態と取引の関係性」について

これからFXに取組もうとされている方に、まず知っていただきたいことがあります。
それは、“自分の精神状態をコントロール”することこそFXで稼ぐ秘訣だということです。

FXは、相場変動を利用してタイミングよく通貨を転換することにより利益獲得を狙う投資法。タイミングを逃すと大損の危険もあるため、取引には、常に冷静さと高い集中力をもって臨まなくてはなりません。

ですが、これは実に実践するのが難しいこと。
事実、多くの方がこの“精神状態のコントロール”に失敗し大損をしているのです。

皆さんの中には、おそらく「自分は心が強いから大丈夫」、「感情に流されるタイプじゃないから冷静さを保てる自信がある」、「取引には冷静に取組むべきだなんて当たり前のことだ! 言われなくても分かっている」などと思われる方も多いことでしょう。

でも、どんなに冷静沈着な方でも、実際に“お金”がかかってくれば話は別!
頭では“冷静でいなくちゃ”と分かっていても…無意識のうちに“感情的”になり冷静さを失くしてしまうケースは決して珍しくありません。

よって、ここで改めて“FX取引では精神状態を平静に保つのが難しい”という事実を、きちんと再認識していただきたいと思います。

特に心が平常心を失いやすいのは「まとまった利益を出した後」!
初めは慎重に計画性をもった取引をしていても、大きな利益が出ると(それがマグレであっても)ついつい自分の投資能力を過信してしまい、また更にもっと稼ぎたいという欲からどんどんと無謀な(冷静さを欠いた)取引にのめり込んでいってしまう……、これはFXによくあるパターンです。

加えて、損をした後も危険。
なんとか損を取返そうと慌てるあまり半ばパニック状態に陥り…冷静さを失ってしまうというパターンもよく起こり得ます。

長年FX取引をやっているプロトレーダーでも、相場が急変したときに“慌てて冷静さを欠いてしまい”その状態で取引をした結果、後で後悔する…ということは珍しくないとのこと。プロでさえそうなのですから、取引時の精神状態の乱れについては、決して「自分は大丈夫/常に冷静でいられる」などと軽く考えないようにしましょう。

利益が出たときも、大損したときも、「冷静さを失った状態で取引をすると危険だ」ということを思い出し、何とか“精神状態のコントロール”に努め、平常心を取り戻して新たな取引に臨んでいくようにしなければなりません!

なかなか実践するのは難しいことですが、ただ…「取引をしていくなかでは精神状態が乱れることがある」ということや「冷静でいないと判断能力が鈍り損をするリスクが高まる」ということを事前に理解しているのと・いないのとでは、FXでの取り組み方や成果に大きな違いが出てきます。

ぜひここで「精神状態と取引結果」に深い関係があることを理解し、取引を進めていく際には“ご自身の精神状態”にもシッカリ注意を向けるようにしていっていただければ幸いです。

COPYRIGHT Pa2ps.com