海外FX業者とレバレッジのリスク

fsdoi88 日本のFXはレバレッジ100倍で取引できる便利な時期がありましたが、レバレッジ規制により25倍までの取引となってしまいました。レバレッジとは小さな力で大きなものが動かせるというてこの原理に似ています。レバレッジが大きいほどたくさん買えるので資産を効率的に増やせるチャンスがあります。

例えば10万円入金してレバレッジをかけずにトレードすると、10万円分の取引しかできません。しかし、レバレッジ10倍で取引すれば、100万円の資金が動かせることになります。

日本ではレバレッジ25倍が最高なので、10万円だと25倍の取引が上限ということになります。株だとレバレッジかけられないし、お金がかかってしまうから非効率です。それを考えると十分すごいことです。

FXには金額の損失以上の損を被らないようにロスカットというものがあります。これは、日本でも海外でもあります。ロスカットというのは大きくレバレッジをかけるほど、ロスカットになるリスクが高まります。

一般的にレバレッジ100倍と聞くと危ないと思うでしょう。だけど、問題は使い方です。レバレッジが大きいほど少額の資金で出来るというメリットがあります。そこで登場するのが海外FXです。海外FXはレバレッジ1000倍が当たり前なんです。10万円入金すれば、1000倍の取引ができます。日本とは比べ物にならないほど規模の大きい取引が可能なのです。

しかも、口座開設は無料でできて、維持費も無料なのです。日本でレバレッジ100倍の取引をしようと思うと、法人口座というものを開く必要があります。お金もかかるし、利益が出なくても法人口座を持っているというだけで税金を払わないといけません。

普通の人では無理なわけです。海外は利益が出なければ払う必要がありませんから安心です。レバレッジ1000倍だと、米ドル円を1万通貨購入するときに必要な証拠金は約1000円です。

日本だとレバレッジ25倍では1万通貨購入すると約4万円もかかってしまいます。比べてみると海外がいかに便利かがわかります。たくさん入金しなくてもそれだけのお金で取引ができてしまうので気軽に始めたい人向きです。

海外と聞いて日本語は通じないんじゃないかと心配される人もいるかと思いますが、多くの業者はしっかりと日本語サポートを行っています。

入金のほうはクレジットカードがあればスムーズにできます。そして、日本のFXと違うところは、入金ボーナスが多いことです。多いところでは入金額に対して100%ボーナスを行っていますから、ボーナスをもとにトレードすることも可能です。

COPYRIGHT Pa2ps.com